スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日もタミチャレ

12日にタミチャレがあったのですが、今日もお出掛けの予定です。

タミチャレ①


西か東か南か北か・・・どちらにしてもはりきって走ってきま~す

スポンサーサイト

地元ネタですが・・・

金曜日の夜にお買い物に寄ったら・・・


ら・じれパーク①


ミニッツパーク ら・じれ に変貌してました



以前は階段を上がったすぐの所にあったコースを拡張と同時にPITスペース中央へ。
今後コースレイアウトは微妙に変わるでしょうが、一回り大きくなったウレタンコースで
皆さんも走ってみてくださいね~

タミグラ岡山大会その5

もたもたしてる間にタミチャレのレースがありましたが、
レースレポはM原メカのGT3700Aメインがスタート!!!

カーナンバー3番(総合で5番手)で、前2人を見ながら・・・となる所
いきなりポールの①K平さんが1コーナーでアウトにはらんだ所を
②こぶさんが仕掛けてTOPに浮上。③M原メカも1つUP。
そうこうしているうちに②こぶさんがミスったのか③M原メカが待望のTOPに躍り出ます。

しかしここからが正念場。残り約20周をどう走り切るのか?
決勝に入ってからの③M原メカのスピードが明らかに遅い。もしくは②こぶさんが速すぎか?
ストレートの走行でも明らかなスピード差。しかし、ここは昨年の山陰大会のふくちゃんとの
レースバトルと良く似た展開。遅くても確実にインを抑えて走りきったふくちゃんと同じ事が
出来れば必ずやTOPゴールが見えてくる。

レース中盤、③M原メカの後ろを走ってる為、自分のリズムで走れない②こぶさんが
接触してしまいますが、ここはジェントルマンで復帰を待って再びバトルモード。

何度か逆転のチャンスも有ったとは思われますが、最後まで自分の走りを通した
③M原メカが0.8秒差で逃げ切ってTOPでゴール


苦節10年??遂にGT3700クラス制覇を達成しました


出会ってからの数年はあと少しで・・・って事も何度も有りましたが、
今回の岡山大会での車の動きは私のイメージ通りに見えました。
朝のTさん&Nぱぱさんの説法(いや説教)から始まり、
私の半ば強引なセット変更要請にも素直に応じてくれたりと、
いつもとはチョット違うかなって感じてはいました


ワーチャンに向けては更なるスキルUPも必要でしょうが、
今出来る事を最大限出せる様にテストしていきましょう~







続いては28日に行われた ”ドリフト008”のマイ・レポです。


山陰大会で練習無し&いきなりビクトリーデビューさせたTA05IFS-Rでしたが、
見事なまでの大撃沈でしたので今回は昨年のチャレ仕様に近い008にエントリー
取説仕様からはF-ワンウェイとF-スプリングのみ変更だけのお手軽仕様です。
もちろんこの時点ではビスまで純正の鉄ビスですよ~


008の総エントリー数は58名。Aメインは何人取るか判らないですが・・・チョッとヤバイかも


練習走行で 「こりゃ~いけそうで~」って意気揚々でPITに帰ったのですが
両エースの一言。 「全然曲がってないし、前にいってない」 「本気でやらんか~


なんてこった・・・フィーリングは悪くないんじゃけど・・・



こうなったらタイヤは1R目から新品投入じゃ~ みとれ~よ~


取り敢えずの目標をC様!の愛弟子の”N田君”の14秒0台にロックオン
かと言って速く走れる保障など何も無い。同じヒートにヒデユキさんが居るので目安にはなりそう

スタート後のストレートからヒデユキさんと突っ張りあいのバトルモードに突入
真後ろに張り付きますが、気付いてるのか?気付いていないのか??ラインがクロスしながらも
前に出られる状況ではありません。この時点では13秒8~9台。突っ掛かったままだとタイムが
出ないので一旦間隔を開ける為にスローダウン。気分を落ち着かせて再スタート。


するとキター13秒699~


一瞬、間違いかと思いましたが正式タイムです。1R終了して暫定3位



よっしゃ~このまま2R目もイケイケじゃ~


・・・が、しかし世の中そんなに甘くも無く、タイムは14秒714。
U-YA君に抜かれて予選は4番手で終了。はや目標達成です

タミグラ岡山22

ポールは本日オーラ・バリバリのミスターJYOさん、四国ミニ代表の”S藤さん”、U-YA君のTOP-3。
すぐ後ろの5番手には415MSXXの”S田師匠"、7番手ヒデユキさん、他有力メンバーが控えています。


決勝Aメインがスタート序盤、U-YA君の前に出て3番手争いをしてましたが
接触により私が後方に後退、今度はS田師匠とのバトルとなりますが、
私のスピードが明らかに遅い為に後ろが渋滞気味
これでは抑えきれないのでS田師匠にストレート入り口で大きく道を開けて先に行ってもらいます。

そうこうしているうちに一旦クラッシュで後退していた、タミグラでは有名人の大阪の”I-TOさん”が
見る見るうちに追いついてきて、あっさり抜いていってしまいました。この時点で6番手。
少し後ろでS藤さんとJYOさんが一騎打ちのバトルを展開。

私も周回遅れだけにはなるまいと必至に逃げます。何とか抜かれずに同周回で6位フィニッシュ。
TOP争いは結局0・15秒差で優勝はS藤さん、JYOさんは残念ながら2位。


何時に無く表向きには真面目にやった008でしたが、ツーリングは難しいですね
タイヤ2セット新品投入したのが良かったんでしょうが、もう少し精進が必要ですね



タミグラ岡山23


PS.予選2R目の前から、鉄ビスからチタンビスに交換してましたが・・・あまり効果無し


明日は タミチャレ in ら・じれ

タミグラの記事途中ですが・・・明日はタミグラ以来のラジコン走行となる
タミチャレがら・じれさんで開催されます。

東の方から速い方々が襲い掛かってくるみたいなのですが、
何せタミグラ後は全くつついてなかったので大急ぎでダンパーだけでもと
O-リング交換しております。

M03R④

久々に交換なのでどのくらい大きく育ってるかな~って
お気楽な言葉が出ないくらいにパッツンパッツンになってました

バギーしてた頃には1ヒートごとにMIPのO-リング替えていたのに、
ツーリングしだしてあんまり替えなくなってしまってます。
人間、年をとるとヤル気も丸くなるもんですね

TA05-IFS-R⑬

TA05のほうは、ドリフト008の決勝走ったまんまですわ
スリックタイヤが付いたままじゃし~


IFS-Rにチェンジして3レース目、
通算タミグラ2レースプラスら・じれ3時間コース1回しかテスト走行出来てないので
今回Aメイン入りも難しいかもしれませんが、皆さんお手柔らにお願いしますね


もう少しでミニが片付きそうなので、05に取り掛かれそうです

タミグラ岡山大会その4

GT2400はTQのTEAMスーパーのぶしのOH!月君が
激しい&ジェントルマンなバトルで悲願の優勝

Mチューン仕様で、バギー、2400で優勝と只今2冠。
自分自身の優勝で3冠達成なるか
M原メカが3700決勝Aメインを迎えました。


思い起こせばM原メカと初めてお話しさせてもらったのが
2004年のタミグラ岡山大会。その時はGTクラスにエントリーしてて、
予選1ラウンド目で好タイムを出して、次のタイヤをどうしよう??ってな感じで迷ってた所に


『ここは攻めの姿勢で新品新品でしょう~


な言葉をかけたのを今でも忘れないなぁ・・・(本人は忘れてるでしょうが)

決勝では3位走行中にモーターに石が入って
ロックしてしまいリタイヤしてしまいましたが。
あの時煽るように勝負に徹するような言葉をかけないほうが良かったのかなぁ
今でも他の人にアドバイスする時等には自問自答する事があります。


あれから4年経ちましたが、
私から見ても今年はかなりの確率でワーチャン代表件は取れるでしょうから
あとは本人の希望の優勝をどうやったら取れるのか・・・

タミグラ岡山大会その3

続くと書いときながら、まだかいな~って
クレームがついてしまいましたので、忘れないうちに

バギーヨンクの優勝でバタバタしながらも
MフリークのAメイン決勝の準備を・・・って予選2R目に使った電池を追い充のみ
なんとええかげんじゃな~って言われそうですが、実はミニの車自体はスコブル好調でして
特に2R目にちゅうボスSPタイヤ(勝手に命名済み)に変えたらオン・ザ・レールの如く快走
しかし、調子ブッコいて自爆×5くらいでタイムアップするもお情けAメイン(13位)がやっとの始末

決勝はやったるで~と意気込もうとしてたら、セッティングシートを書かんといけんかったんで、
Aメのスタート直前まで書いてたら、すぐ隣でウグイス嬢のおね~さま



『13番の○○さ~ん、スタートですよ~』って言うもんだから、


『は~い』って目の前で即答



皆さんを待たせてしまい、申し訳ないです~
すぐさまオン・ザ・トーンでスタート。正直序盤の内容を覚えていないんですが・・・

出遅れからようやくペースをあげて追い上げるぞ~って気になってたら
TOPのK染さんが接近してきたので、どこで譲ろうかと思いながら走ってますが
なかなか追いついてこない。お!意外と自分のペース早いんとちゃうか~

先に行ってもらってから、後ろをついて行っても離れるどころか追いついてしまう位です。
少しの間こんな状態でしたが、さすがのK染さん全くミスる気配無し
(後での話しですが、K染さんエライ調子が悪かったそうです
そうしてると私がミスってしまい順位も10番台に後退。自爆したらいけんわなぁ



結局調子が良かったわりに見せ場も無く12位でレース終了。



やっぱミニスポーツに出なくて正解じゃわって。つくづく身に染みたMフリークでした





タミグラ岡山大会その2

携帯をポケットの中に入れ忘れててスタート前のグリッドの写真が無いですが・・・

バギーヨンク決勝がスタート!!


フライングギリで1番グリッドから何とかジャンプ→1コーナーをトップでクリアー。
すぐ後ろにはワーチャンTさん、ミスターJYOさんが迫ってきてますので
4コーナーのヘアピンを得意のブレーキングターンでやや引き離しに成功

ここから数周TさんとJYOさんの2位争いがあったのですが、JYOさんが不運な
他車との接触があったらしく大きく後退。(間違ってたらすみません・・・記憶が
そうこうしているうちに今度は”Nしまさん”との2番手争いに変わっていて
アナウンスもそちらのほうを盛り上げてます!(その間にそろそろ~っと逃げたいなぁ

そうこうしているうちに5~7秒差までリードが広がり、後ろを見てみるとまだやってます
もしあの2番手バトルが無かったらまた違った展開で追い掛け回されてたかもしれません。

左奥のジャンプだけは慎重にクリアーしていき20周のゴールを迎えました


2位には激闘バトルを制した”ワーチャンTさん”
3位は0.3秒差で”Nしまさん”でした。

10番手スタートの”遠い世界の人”は残念ながら途中リタイヤで9位。
山陰&岡山連続TQの”C様!”は代表権獲得済みのため外人扱いなので
四国の”キャプテンさん”にB盾取らせてあげるよ~って言ってBメイン棄権でした。


山陰大会ではAメインに残ったものの、走りに余裕が無くで単独クラッシュしてリタイヤと
全く良いとこなしで終わってしまってたので、何とか良いとこ見せたくて
ガンバって走りきりました。


トロフィーがもらえて嬉しかったのですが、実はもう一つしたかった事があったんです・・・

タミグラ岡山⑰

最近タミヤのTRFサイトでアップされているのは皆さんご存知でしょうが、
優勝したマシンのセッティングシートが公開されるかも??っていう事です。
私も書かせてもらいましてホントの数値を書いてますので、もしアップされるようでしたら
参考にしてみてくださいね(おまえのが参考になるか~ボケ~って聞こえてきそう


そして少し落書きもしておきました(正直これがしたいが為に優勝したかったんよ~


走り終わった後のちゅうボス号です。
タミグラ岡山⑱


そして中身はといいますと・・・こんな感じです
タミグラ岡山⑳

タミグラ岡山21

今回は足回りをやわらかくして良く動くように変更しました。
あと車高はフロントをリヤより3ミリ低くしてます。
TRFサイトにもし出たら見てみてね



このあとは、ダメダメMフリーク&M原メカ悲願のGT3700制覇
そして2日目の奇跡のドリフト008のレポを予定してます~









プロフィール

ちゅうボス

Author:ちゅうボス
いらっしゃいませ~!!

FC2カウンター
フリーエリア

ジオターゲティング
リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。